お金は目的や金額で借りる所と借り方が変わります!

「エアコン修理代30万円」「仕入れに40万円必要」「月末までに50万円」「今日中に3万円」

お金の調達方法は、常に自営業者に付きまとう悩み。

ここでは、個人事業主がお金を調達する方法を、銀行と消費者金融のカードローンを中心に、体験談を交えながら上手な借り方をわかりやすく案内します。

お金を借りることは日本経済を回すことです。胸を張って堂々と借りましょう!

・・・あ、ちゃんと返しましょうね。そこいちばんの問題w

銀行と消費者金融どちらがいいか

個人事業主がお金を借りる場合、使途目的によって借入先を選ぶ必要があります。

店舗の改築やエアコンの増設、また広告費やホームページ作成代などは、銀行で堅く借りるのがオススメです。

また、使い過ぎた接待費のカード会社への払いや、冠婚葬祭など臨時の出費、また客注による臨時の仕入れ費用などは、消費者金融カードローンが早くて手軽で断然使えます。

月末近くなってくると、なぜかお金が足りなくなる私のような個人事業主にとって、その場しのぎではありますが、消費者金融カードローンは使う頻度が高く、大きな味方になってることは事実です。

結論を言うと、個人事業主の借入先としては以下がオススメと言えます。

  • 業務に直接関係することや売上アップにつながることに関する借入は銀行
  • それほど高額ではないけれど、急を要する借入は消費者金融

個人事業主が消費者金融でお金借りるメリット

借入可能限度額が高め

業種にもよりますが、個人事業主の場合は一般のサラリーマンと比べて年収が高いため、借入可能限度額が高くなる場合が多いです。

バレない

会社員や公務員、また学生や主婦が消費者金融から借りる場合、皆さん気にするのが「バレたくない」という点です。

個人事業主の場合は、在籍確認の電話も郵送物も自分の職場宛てとなるので、基本的に誰にもバレることはありません。

お金をバレずに借りる為の詳しいことはこちらにも書いております→「お金借りるバレない方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする